自己破産・個人再生などの債務整理についてのご相談はふくだ総合法務事務所にお任せください。ご相談は無料!全国対応いたします!

任意整理

借金の減額・利息カット

返済計画を組み直す

任意整理の事例・詳細

実際の事例から、
任意整理の際に抑えておきたい
ポイントをご紹介します。

典型的な任意整理

軽い気持ちではじめたキャッシングがいつの間にか重い負担になったケース

状況 20代男性 【債務総額】消費者金融業者、信販系カードローンでの借入など4社240万円

20代初めのころから小遣いが不足するたびに気軽にカードキャッシングをしているうちに、だんだんと借入れに対する抵抗が薄れてしまい、借入金額が徐々に大きくなりました。最初は月数千円で済んでいた返済もいつの間にか1万円、2万円と増えていき、だんだんと返済が困難に。ここで周りに援助を受けられる親族でもいれば、生活費の援助を受けつつ新規の借入をしないようにし、自分は返済に専念することで破綻を回避できたかもしれませんが、あいにく頼れる相手もいなかったため、窮余の策として別のカード会社で新しいカードを契約。数枚のカードを回して借入と返済を繰り返す悪循環に陥ってしまいました。しかしそのような自転車操業が長続きするはずもなく、やがて全てのカードで借入限度額いっぱいまで借りてしまい、新規借り入れができなくなって返済が不能に。返済が止まると同時に各債権者から返済催促の電話が次々とかかってくるようになり、困り果てて弊事務所にご相談頂きました。ご相談頂いた時点で、月の手取り収入20万円弱のうち約8万円をカードの支払に充てなければならない状態でしたが、自宅の家賃や最低限の生活費などを考えると、これはとうてい支払っていけないような金額でした。
ご依頼の後、ご本人に慎重に収入・支出を精査して頂いた結果、月4万円なら安定して返済していけるとのことでしたので、一般的な任意整理(3年・36回払い)よりも長い5年・60回での分割弁済の交渉を弊事務所で行いました。最終的に、全社との間で、将来の利息については免除を受けた上、現在ある債務だけについて60回前後の分割払いで返済していくことを内容とする和解が成立し、月々の返済額を4社合計で4万円に圧縮することができました。

ご依頼前 ご依頼後
完済までに返済
しなければならない総額
240万円
完済まで14.6~18%
の割合の利息
※平均借入利率を16%とした場合、
月に約3万1000円の利息が発生
します。仮に月8万円の返済を続けた
場合、完済までに利息だけで約68万
5000円を払わなければなりません。
240万円
(将来の利息は免除)
月々の返済額 月8万円 月4万円

ポイント

リボキャッシング、リボショッピングを使いすぎてしまい、いつの間にか普通の方法では返済ができなくなってしまった…という、任意整理の典型的なケースです。「他のカードで借り入れをしないとカードの返済ができない」「毎月の返済をしてしまうと生活費が足りなくなり、またカードで借り入れをしてしまう」…このような状況に陥ってしまうと、自力でそこから脱出することは非常に困難です。また、見落としがちな点ですが、借入総額が膨らんでしまうと、月の利息だけで相当額になってしまいます。このケースの場合、月8万円の返済の内、実に3万円以上が利息として取られてしまっていました。これでは、仮に無理して月8万円の支払を続けていたとしても、元本は月5万円弱しか減りません。仮に生活苦から「毎月8万円を返し、5万円を借りる」というサイクルが常態化してしまっていたら、一生支払いを続けたとしても240万円の債務が1円も減らないという羽目に陥っていたところでした。「いくら返済しても元本が全く減らない」という方は、このケースと同じ状態になっている可能性が非常に高いです。こんな場合は、任意整理をすることで突破口が開けるケースが多いですので、是非、お早目のご相談をお勧めいたします。

入学金や学費のために信販系のカード利用

事情により非常に長期の分割弁済を組んだケース

状況 40代女性 【債務総額】信販系カードローンでの借り入れなど6社350万円

お子さんが進学を希望。あまり家計に余裕のない中でしたが、お子さんに良い教育を受けさせてあげたいという気持ちから、入学金や学費のために信販系のカードでまとまった額の借り入れをしました。その後は奥様もパートに出るなどして返済を続けてきましたが、その後不況の為に旦那様のボーナスが大幅に減ったこともあり、借入開始から3年程で返済ができなくなってしまい、弊事務所にご相談いただきました。ご収入に対して債務総額が大きく、ご本人様に見るべき財産がなく、また借入の原因に浪費やギャンブルが含まれていないため、本来であれば自己破産・免責の手続によって借金をゼロにするのがご本人のためになるケースでしたが、「なんとか破産はせず、収入の範囲内で返済していきたい」というご本人の強いご希望により、月の返済予算4万5000円、約80回分割という異例の長期にわたる分割弁済を実現すべく、弊事務所において各業者と交渉しました。通常、60回での分割にも難色を示す業者が多い中、最大80回という分割弁済の交渉は非常に困難なものとなりましたが、粘り強い話し合いの結果、最終的に、ご希望の予算5万円は少しオーバーしたものの、各社70~80回での分割弁済の和解契約を結ぶことができ、なんとか奥様の収入の範囲内で、債務を返済していける目途が立ちました。

ご依頼前 ご依頼後
完済までに返済
しなければならない総額
350万円
完済まで14.6~18%
の割合の利息
※平均借入利率を16%とした場合、
月に約4万4000円の利息が発生
します。仮に月11万円の返済を
続けた場合、完済までに利息だけで
約108万4000円を払わなければ
なりません。
350万円
(将来の利息は免除)
月々の返済額 月11万円 月4万6000円

ポイント

ご自身の債務総額に対して、月々無理なく返済に充てられる予算が少なく、60回を超えるような分割を組まなければ完済できない方には、基本的に自己破産をお勧めします。しかしこの方のように、「どうしても破産だけは避けたい」というご希望がある場合は、弊事務所としてもできる限りの交渉をいたします。他事務所で、「あなたは破産するしかないよ」と一刀両断されてしまった方も、まずは弊事務所にご相談ください。
なお、債務増大の原因が過大な浪費・ギャンブル・投資の失敗等であったため自己破産・免責が受けられない方の場合、個人再生の手続によって債務を大幅に圧縮したうえ将来利息の免除を受け、無理のない金額で分割弁済していくことができる場合もあります。個人再生について興味のある方も、是非弊事務所にご相談ください。

その他の任意整理に関するページ

アクセス

〒153-0061 東京都目黒区中目黒二丁目10番15号山手Kビル1階

東京メトロ日比谷線 中目黒駅 徒歩7分
東急東横線 中目黒駅 徒歩7分
※出張日当無料で出張面談を行っております。
遠方の方でもお気軽にご相談ください。

まずはお電話だけでもいいのでご相談ください。 相談予約受付中 お電話でのご相談 年中無休・24時間対応 0120-290-486 メールで相談してみる