自己破産・個人再生相談所 お役立ちコラム 自己破産

自己破産・個人再生などの事例や実績などを紹介して、より分かりやすく、自己破産・個人再生にして解説します!

ホーム >  お役立ちコラム >  自己破産 >  自己破産後は金融業者からのダイレクトメールに要注意!

自己破産後は金融業者からのダイレクトメールに要注意!

2015.06.02 自己破産


自己破産した後に注意しなければならないことは金融業者からのダイレクトメールです。
金融業者は破産後に借り入れができなくなった債務者の情報を入手していて高利での貸し付けを狙っているからです。

いわゆるヤミ金業者は常に破産者を狙っている

自己破産手続きをした後は、まともな金融業者からは数年間貸し付けを受けられなくなるのが普通です。それは、信用情報機関という各金融業者が利用している機関に借り入れや返済、滞納などの事故情報が登録されているため、これを融資の審査の際に金融機関が見ているからです。
クレジットカードなども数年間は作れなくなりますし、住宅ローンや自動車ローンなども組めないことになりますが、生活費についても借入でまかなうことが普通だった人は特に注意が必要です。
破産手続きがされるとその人の情報は一度だけ官報に掲載されますが、年利1000%などの違法な貸し付けを行う業者は官報で破産者のリストを作ったり、ヤミ金同士で情報を共有したりして常に破産者に高利の貸し付けを行うことを狙っています。破産したとたんに家にヤミ金業者からDMがたくさん来るようになったというのはこのような理由からなのです。それらを見て家族が驚いてしまうこともあるため、事前に話しておくことも大切です。

ヤミ金業者には決して手を出さないこと

高利での貸し付けはそもそもが違法行為です。彼らは回収のためには手段を選ばず、取り立ての際に「家族に危害を加える」とか、「会社にばれてもいいのか」などの脅しの手段を使ってくることもあります。
いくら借りられないからといっても、それらのヤミ金業者からは決して借り入れをしてはなりません。万一、「押し貸し」といって口座に勝手に現金を振り込んでくるような強硬な業者については警察などの介入が必要になることもあります。

借りずに生活を再建することが基本

とにかく「もう今後はお金を借りない」という強い意志と毅然とした態度が大切です。ヤミ金に対しては少しでも弱気なところを見せたり、「借りたい」という態度を表してしまうと「カモ」だとみられてしまいます。
彼らは「取れるところから徹底的に取る」「商売にならないことがわかれば引き下がる」というのが基本スタンスですから、借りない姿勢を一貫して貫きましょう。
手元にあるお金で生活していくことができるようになることが生活再生への基本だからです。


一覧へ戻る

任意整理

結婚すると借金はばれる?

続きを読む!

体験談

パチスロで借金、離婚後全てを失い自己破産しました

続きを読む!

任意整理

特定調停よりも任意整理がよい理由は?

続きを読む!

PAGE TOP ▲