自己破産・個人再生相談所 お役立ちコラム 任意整理

自己破産・個人再生などの事例や実績などを紹介して、より分かりやすく、自己破産・個人再生にして解説します!

ホーム >  お役立ちコラム >  任意整理 >  おまとめローンで大失敗?借金が2倍に膨れた話

おまとめローンで大失敗?借金が2倍に膨れた話

2016.02.18 任意整理


・おまとめローンは借金そのものを減らすわけではない

気軽に借りた消費者金融の数が増えてしまったという時に「おまとめローンにして返済を楽にしませんか?」という広告を見るとついつい心が揺らぎますが、あまり深く考えずに飛び付いてしまうと失敗のもとです。おまとめローンの仕組みというのは、今まで3社から各100万円ずつ借りていたところを、1社300万円に借り換えて今までの会社に返済するというだけなので、借金の金額そのものは減っていないのです。ただ、返済の手間が少なくなることと、今まで高金利の会社だった場合は利息を減らせるというメリットがあるだけです。人によっては、一時的に楽になったものの、完済した今までの会社から「枠を増やしますよ」という案内が来たらその誘惑を断ち切れずにまた借りてしまい、結果的に借金が2倍になったということもあるのです。

・本当におまとめローンにするべきなのか考察

おまとめローンを借りる時の返済期間の設定で失敗する人もいます。たとえ多少金利の安いところに借り換えたとしても、返済期間が長くなればなるほど全期間での利息返済額は増える一方です。また、長期間だらだら返済していることで、いつ借りた分を返済しているのかということすらわからなくなってきます。要するに「入るお金と出て行くお金の把握、管理ができない」という債務者の性格を助長してしまうのです。
また、元々おまとめローンを使う必要がなかった人が早まってしまった失敗もあります。高金利の消費者金融に悩まされてきたということは、相当利息を払いすぎていたわけですから、今までの取引を法定金利で計算し直したらだいぶ債務が減っていたということも考えられるのです。また、払いすぎた利息が戻ってきて、他の会社の返済に充てれば借金をゼロにできることもあります。

・まずは専門家に状況を見てもらうのが先決

自分はおまとめローンを使う必要があるのか?ということは自分でなかなか判断することができません。現在の状況を専門家に見てもらえば、「おまとめローンではなく、任意整理した方がよい」という結論になることもあるのです。ブラックリストに載りたくない!などの理由で債務整理すること自体に抵抗感を感じる人もいるでしょうが、借り換えをしても上記のように債務自体が減るわけではありません。ですから、また苦しくなって滞納ということになれば、いずれにしても新規の借入れはできなくなってしまいます。ですから、明らかに苦しい状況になっている場合、早めに任意整理をして債務を大幅に減額する方が後の生活はぐっと楽になります。


一覧へ戻る

自己破産

自己破産すると給料は差し押さえられてしまうの?

続きを読む!

自己破産

詐欺破産とは?自己破産で100%やってはいけないこと

続きを読む!

自己破産

自己破産手続が終わると資格制限は解除されるの?(職業制限からの復権について)

続きを読む!

PAGE TOP ▲