自己破産・個人再生相談所 お役立ちコラム 任意整理

自己破産・個人再生などの事例や実績などを紹介して、より分かりやすく、自己破産・個人再生にして解説します!

ホーム >  お役立ちコラム >  任意整理 >  任意整理をすると今後の結婚に影響はでる?

任意整理をすると今後の結婚に影響はでる?

2015.08.06 任意整理


結婚の予定があるが、借金が気になっているので籍を入れる前に整理したいという人は結構いるものです。
では、任意整理すると結婚相手にばれてしまうのでしょうか?また、結婚そのものへの影響はどうなるのでしょうか?

相手に知られずにできることも多い

任意整理の手続そのものは、いったん専門家と面談して債権者や債務額、返済に回せる金額などを説明、相談したらあとはほぼ専門家に任せることができます。専門家から受任通知を出してもらえば債権者から直接連絡も来なくなりますし、和解書で決まった返済内容さえきちんと返済できればほぼ周囲には知られずに手続を終えることができます。自己破産や個人再生のように裁判所が関与することも、呼び出されることもないのが任意整理ですから、婚約者にもばれる可能性は低いといえます。
結婚を控えている人で特に大切なのは、結婚後の家計に影響しないような無理のない返済計画にすることです。手続自体は相手に知られなかったものの、結婚によって家計収支のバランスが変わり、返済に行き詰まってしまうと結果的に相手に迷惑をかけることになるからです。

結婚=配偶者が返済義務が負うことではない

夫の借金取りが家に来て妻に返済を迫る・・などは、昔であれば珍しくなかったことです。しかし、現在は少なくとも正規の金融業者であればそのような法的義務のない者への脅しまがいの取り立てはしません。
婚姻関係と債務の保証関係というのは別物であり、夫や妻の保証人になってしまえば離婚しても追いかけられることになりますし、逆に、夫や妻であっても保証人になっていなければ何の義務もないのです。
ただし、注意したいのは相続が発生した場合です。夫が借金を残したまま死亡すると、妻と子が相続人になり自動的に負債も相続されてしまいますから、最悪の場合、相続人が任意整理や破産をする事態に追い込まれます。財産より負債が多ければ相続放棄の選択をした方が良いこともありますが、相続放棄は死亡を知った時(明らかに債務を後から知った事情がある場合はその時)から3カ月以内に家庭裁判所に申し立てなければなりません。

結婚前に話をする方が望ましい

上記のように、任意整理の手続は他の債務整理と比べても周囲にわからずにできる可能性が高いのですが、返済が終わらないうちに結婚しようとする場合は結婚生活に悪影響が出ないようにすることが大切です。
できれば、任意整理後の返済が終わってから籍を入れた方が確実なのですが、返済途中にかかわらずどうしても籍を入れなくてならない事情がある場合、やはりきちんと話しておく方が望ましいといえます。
お金に関することは夫婦の信頼関係に直結することですし、隠されること自体が嫌だという人も少なくないでしょう。任意整理したこと、将来利息はカットできたので返済の終わりがはっきり見えていることなどをきちんと話してパートナーの理解を得られる努力をしましょう。


一覧へ戻る

自己破産

自己破産は家族に秘密にできる?

続きを読む!

体験談

彼氏として彼女のために借金、任意整理した体験談

続きを読む!

自己破産

自己破産と離婚はどちらを先にする方がいいの?

続きを読む!

PAGE TOP ▲