自己破産・個人再生相談所 お役立ちコラム 任意整理

自己破産・個人再生などの事例や実績などを紹介して、より分かりやすく、自己破産・個人再生にして解説します!

ホーム >  お役立ちコラム >  任意整理 >  借金苦を乗り越えるためのおすすめの金策3選

借金苦を乗り越えるためのおすすめの金策3選

2016.02.01 任意整理


固定費の見直しで現金を残す

月末になると毎月お金が足りなくなる・・ということで金策のためキャッシングなどに手を出してしまう人は、根本的に生活の中の固定費を見直すだけでもずいぶん現金を手元に残せるようになります。
一番まとまったお金が必要になる家賃はもちろんのことですが、保険料、携帯代などもそれほど苦労なく節約ができる項目です。特に保険料についてはあまりよく考えもせずにお付き合いで契約して、解約のタイミングを逃してだらだらと払っているだけという人も多いでしょう。民間の保険会社から共済などにかけ替えただけで1万円単位での節約ができることもあります。また、携帯についても、こまめに見直しすることによってライフスタイルに合った無駄のないプランを使って最小限の支払いで済ませることもできるのです。また、格安スマホも最近人気がありますからおすすめです。

借りる先をよく吟味して利息を押さえる

いざ、お金が必要になった時、金利などの内容をよく考えずに借りてしまうとずいぶん無駄が出ることがあります。
とりあえず貸してくれるところで安易に借りてしまうことがありますが、最初に年単位で利息をシミュレーションしてみることは必要です。すでに借りている場合でも金利の安いところに借り換えをすることで負担がずいぶん軽減できることがあります。借り換え先の融資審査が通る可能性のある人なら検討してみることをおすすめします。
そして、事業者の人であれば一度に借りる単位も大きいですし、年利で1%程度の差でも馬鹿にならないものです。資金調達について知識を持つことは経営者として必要な要素であり、本業の知識はあっても上手な金策を知らなければ事業の発展は望めません。経営者ならぜひ日本政策金融公庫など政府系金融機関の融資制度を上手に利用することを考えましょう。

契約者貸し付けなどを利用

一時的にどうしてもまとまった資金が必要になって、という時に金策の一つとしておすすめしたいのが生命保険契約をしている人の「契約者貸し付け」です。これは、解約返戻金制度のある保険契約をしている人が、解約返戻金を担保にして、だいたい返戻金の70%から90%程度の貸し付けを受けられるという制度です。保険自体を解約しなくても資金調達ができることの他に、担保があるおかげで他の民間のローンを借り入れる場合と比べても断然利息が安いというメリットがあります。
借り入れ可能額や返済方法などについては各保険会社、契約している保険商品によって異なるので保険会社への確認が必要ですが、こういった制度自体はぜひ知っておきたいものです。


一覧へ戻る

任意整理

総量規制を超えて借金する場合の注意点

続きを読む!

任意整理

任意整理なら対象債権者を選ぶことができる

続きを読む!

自己破産

自己破産後の借入は可能?

続きを読む!

PAGE TOP ▲