自己破産・個人再生相談所 お役立ちコラム 体験談

自己破産・個人再生などの事例や実績などを紹介して、より分かりやすく、自己破産・個人再生にして解説します!

ホーム >  お役立ちコラム >  体験談 >  自己破産後の生活について(体験談)

自己破産後の生活について(体験談)

2015.07.11 体験談


借金を抱えていた頃はお金のことばかり気になって眠れないこともしばしばでしたが、自己破産の手続が終わったら生活がすっかり変わりました。
私の借金のきっかけから破産後の心境、暮らしについて体験談をお話ししたいと思います。

営業ノルマに追われて

高校を卒業後、あるアパレル会社に就職しました。昔から洋服が好きで憧れの職業ではあったのですが、まさかこんなにノルマがきついとは思わなかったです。
あまりお客さんに強くすすめることができない性格なので結局ノルマを達成できない月の方が多く、自分でかなりの量の洋服を購入していました。いくらそのブランドが好きで入社したとはいっても、やはり安いものではないため自腹を切るのは結構きついものでした。
私と同じくノルマに苦しんでいた会社の先輩からカードローンのことを教えてもらい、藁にもすがる思いで借り入れをしたのがきっかけでした。最初は少しだけ、というつもりが、気がつけば3社、4社と増えていき、最終的に借金は8社にまで及び、負債の総額は200万円を超えていました。

債務整理を決意

もう自分の限界を超えていることは感じていましたし、借金のことが気になって仕事に集中できていない状況がまずいこともわかっていました。とりあえず市役所の無料法律相談に行ってみると、早めに専門家を通して債務整理した方が良いと言われました。
私は相談に行った事務所にすぐ依頼をしたのですが、受任通知を出したらもう直接サラ金から連絡が来ないので安心していいですよ、と言っていただきました。自分ひとりで苦しんでいた状態からこれで解放される、という安堵感がありました。
私は金利のそれほど高くない会社を中心にローンを借りていたため、利息の払い過ぎということもほとんどなく、自己破産の手続きを選ぶことになりました。

破産手続終了後は心理状態が180度変わった

自己破産の手続はそれなりに揃える書類も多く、最初に説明を聞いた時は大変そうだな、という気持ちもありましたが、書類の取り方を事務所の方が一つ一つ丁寧に教えてくださったのであまり事務が得意ではない自分もどうにか揃えることができました。
また、家計収支表をつけていく中で自分の生活に無駄が多かったこともわかってきて、借金のことだけではなく生活全体を見直すきっかけにもなりました。
そして、意外と早く同時廃止、免責許可決定と進んだのですが、決定書をもらった時はこれで数年間の苦しみから解放される、と涙が出そうになりました。現在では転職し、ノルマのない仕事についていますが、だいぶお金の使い方も以前と変わった気がします。自分の場合は思い切って破産を選択して良かったです。


一覧へ戻る

時効援用

時効援用の費用相場について

続きを読む!

任意整理

借金返済生活から解放されるための3つの 心得

続きを読む!

体験談

ニートが借金300万円を完済した体験談

続きを読む!

PAGE TOP ▲