自己破産・個人再生相談所 お役立ちコラム 任意整理

自己破産・個人再生などの事例や実績などを紹介して、より分かりやすく、自己破産・個人再生にして解説します!

ホーム >  お役立ちコラム >  任意整理 >  カードローンを借り換える際の3つの注意点

カードローンを借り換える際の3つの注意点

2015.08.24 任意整理


現在抱えている借金をまとめたい、また、利息を軽減して月々の負担を
軽くしたいという人には銀行などのカードローンへの乗り換えがおすすめです。
しかし、それを実行するにあたってはいくつか注意しておかなければならないことがあります。

借り換えにも審査があることを知っておく

カードローンへの借り換えをする際でも、新規貸付けと同様に「与信審査」があります。新規の時に通ったから大丈夫だとも限らず、経済状況なども反映して、借り換えの際の審査が新規よりも厳しいことがあります。
年収がいくらか、持ち家か賃貸か、家族と同居しているか、勤務先はどこかなど、いくつもの審査項目があります。中でも最も重要なのは「信用情報機関」という、個人の借入れ、返済状況を記録している機関による情報です。
このデータには、貸付けを受けた業者や借入額、借入日、返済日、事故情報などが詳細に記録されていますので、新規貸付を受けてから金融事故を起こしたことのある人は審査に通らない可能性が高いといえます。

借り換えの目的を明確に

カードローンに借り換えたことにより、全期間を通じての返済額が上がってしまうことがあります。たとえば、借り換え先として返済期間が長いところを選んだ場合、毎月の返済額こそ少なくなりますが、期間が長い=利息分が増えるということになり、総返済額はアップします。
意図しない結果になることを防ぐためにも最初に借り換えの目的が何なのかをはっきりさせておくことが大切です。
総返済額は高くなったとしても、借り換えの目的があくまで「月々の返済額が軽くなればよい」ということであれば期間が長いところでも良いかも知れません。しかし、全期間の利息全体を減らしたいということであれば、あらかじめ借り換え後の返済シミュレーションをしっかり行い、総返済額を把握し、借り換え前と比較して決めるようにしましょう。

借り換え先を検討する際のポイント

借り換え先として候補となりうる会社はたくさんありますが、最近では地方銀行やネット銀行などでも、積極的にカードローンを打ち出しているところがあります。
このような会社を見つけるには、ウェブなどの広告が頻繁に出ていることが一つの判断基準となります。カードローンの顧客をなるべく多く獲得したい=ある程度、審査が緩くなるということが考えられます。
また、申し込みの際に来店不要だったり、カードローンを利用した顧客にポイントを付与しているなど、顧客側のメリットになるような特典をつけている場合もあります。
逆に、借り換えの際に利用してはいけないのは不自然に金利が低い業者です。稀に、詐欺まがいの業者もありますので注意しなくてはなりません。


一覧へ戻る

任意整理

借金返済のためのおすすめ節約方法

続きを読む!

任意整理

任意整理後の借り入れについて

続きを読む!

任意整理

知らない間に信用情報に傷?どんな行いが原因?

続きを読む!

PAGE TOP ▲