自己破産・個人再生相談所 お役立ちコラム 任意整理

自己破産・個人再生などの事例や実績などを紹介して、より分かりやすく、自己破産・個人再生にして解説します!

ホーム >  お役立ちコラム >  任意整理 >  パチンコ依存症による借金地獄から脱出する方法

パチンコ依存症による借金地獄から脱出する方法

2015.12.10 任意整理


パチンコと借金はセットになっている

パチンコは日本独特の遊戯です。多くの依存症患者がおり、パチンコに起因する借金が原因での自殺も後を絶ちません。
よくパチンコ依存症に陥っている人が言うのは、「友人・知人がパチンコで稼いでいると言っているから自分もやり方さえよければ稼げると思った」というものです。
はっきり言って、パチンコを長期間やっていてトータルでプラスになることはほぼないと言ってよいでしょう。もし、多くの人がパチンコで勝ち続けられるのだとしたら、お店は儲からないわけですから、あれほど豪華な造りのお店をしょっちゅう改装したり、新台入替をすることなどできないはずだからです。
そしてたちが悪いことに、パチンコ屋のすぐそばには何故かサラ金のATMがセットになっています。パチンコと借金はそれだけ切っても切れない関係になっているのです。

借金をパチンコで返そうなどと決して考えない

もし、今パチンコをやめれば経済的破綻は免れられるという状態であれば、パチンコ依存症の人たちの自助グループなどに参加して治療するという手もあるでしょう。
しかし、すでに借金で首が回らなくなっているようであれば、依存症の治療と同時に債務整理が必要です。
結局、パチンコで勝てるという根拠のない自信があると、借金があってもパチンコで取り戻せると思ってしまい、返済のためにパチンコに行ってまた借金を増やすというループにはまる可能性があります。つまり、借金があることがパチンコ依存に拍車をかけてしまっているのです。
ですから、まずは借金をきれいにして心の平穏を取り戻すことが必要です。法律専門家に自分の今までの行動や心の動きを話すことで冷静さを取り戻す人もいます。改めて言葉にしてみたら、何て馬鹿なことを続けていたんだろうと気付いた、ということも少なくありません。

借金の整理と並行して病院の治療などを検討

パチンコ依存症になってしまった原因、自分の心の状態を分析し、家族と共に根気よく治療していくことが大切です。
依存症治療を積極的に行っている病院もありますので、専門のプログラムを受けるのもおすすめです。そのような機関が治すために心がけたいこととして挙げているのが、「不必要な金を持ち歩かない」「パチンコに関するものが目に入る場所に行かない」「決められた日には必ず通院する」などです。
また、家族については「本人を責めるだけでは解決しない」「安易にパチンコでできた借金を尻拭いしない」「周囲の人と問題を共有する」というアドバイスもあります。本人だけではなく家族などの行動がパチンコ依存症を助長していることもありますので、できれば身近な人は本人と一緒に通院して正しいサポート体制を築いていきたいものです。


一覧へ戻る

体験談

躁うつ病になって多額の借り入れ!自己破産で解決した体験談

続きを読む!

任意整理

奨学金返済に苦しんだ体験談

続きを読む!

任意整理

連帯保証と連帯債務の違いとは

続きを読む!

PAGE TOP ▲