自己破産・個人再生相談所 お役立ちコラム 任意整理

自己破産・個人再生などの事例や実績などを紹介して、より分かりやすく、自己破産・個人再生にして解説します!

ホーム >  お役立ちコラム >  任意整理 >  任意整理後に携帯電話やスマホを分割購入できるのか

任意整理後に携帯電話やスマホを分割購入できるのか

2015.07.29 任意整理


任意整理やその他の債務整理をする際に、多くの人が「携帯の買い替えをしたくなった時は分割払いできるのだろうか?」ということを気にします。
では、任意整理と携帯電話、スマホの購入の関連性について考えてみましょう。

スマホの本体を分割購入する際に審査に通らない人とは?

最近はスマホが携帯市場の主流を占めるようになってきていますが、いわゆる「ガラケー」と比べるとまだまだ高く、本体価格は5万円以上ということも珍しくありません。
そこで、スマホを購入しようとする際、店頭で強くすすめられるのが分割払いです。分割ならワンランク上の機種でも手が届く・・と思ってしまいがちですが、あくまでこれは通常の買い物と同じようにローンを組んで物品を購入するということです。ですから、そこには融資の審査が介在するわけですが、携帯やスマホの分割審査は他の商品とやや異なる面もあります。
分割購入の審査にまず通らないと思われる人は、当然ではありますが現在保有している携帯電話の料金を滞納している人です。任意整理をしたか否かにかかわらずこれは絶対に通らないといえます。

その他の信用情報も参照される

上記のように、現在の携帯キャリア(通信サービスを提供する会社、例えばドコモなど)で滞納があれば、債務整理があったかどうかに関係なく確実に審査に通らないでしょうし、たとえその分の滞納を解消したとしてもすぐに審査が通るようになるわけではありません。少なくともそこから数年間はきちんと支払いができなければ信用は回復しないと考えてよいでしょう。
そして、現在の携帯の料金にはまったく滞納がない人であっても、その他の金融会社などで事故情報があることによって携帯の分割審査に通らないこともありえます。任意整理のようなブラック情報があればそれは信用情報機関に5~7年程度は保持されてしまうので、その間は他のローンが組めないのと同様に携帯の分割購入も難しいのです。

しばらくは一括購入しか無理と覚悟する方が良い

では、任意整理した人がどうしても携帯の買い替えが必要になった場合、どうすればよいのでしょうか。
携帯に限らず家電などでも同じですが、最新機種を購入しようとすればどうしても高額になります。しかし、いわゆる「型落ち」の機種であれば半ばたたき売りのような状態で安くなっているものもあり、一括購入ができる金額になっていることが多いのです。
自分の信用情報が悪くなっている間は無理をして新しい機種を購入しようとせず、一括購入できるものを選ぶようにしましょう。そして、今まで当然のようにスマホを使ってきた人も「どうしてもスマホでなければだめなのか」を再考し、思い切ってガラケーに切り替え、生活費全体の削減をはかるのも一つの方法です。


一覧へ戻る

体験談

借金が原因でうつ病になった話

続きを読む!

自己破産

自己破産の必要書類はどこで手に入る?

続きを読む!

体験談

260万円を80万円まで借金減額をした体験談

続きを読む!

PAGE TOP ▲