自己破産・個人再生相談所 お役立ちコラム 任意整理

自己破産・個人再生などの事例や実績などを紹介して、より分かりやすく、自己破産・個人再生にして解説します!

ホーム >  お役立ちコラム >  任意整理 >  おまとめローンで完済した業者からの追加借入の危険性

おまとめローンで完済した業者からの追加借入の危険性

2016.03.20 任意整理


・おまとめローンとはどんなもの?

おまとめローンとは、いくつかある借金を一本化するために行う借入です。たとえばA社、B社、C社にそれぞれ100万円ずつ借金があったとすると、D社から300万円借りて最初の3社には全額返済してしまうのです。

なぜこのようなことをするかというと、A社の利息が安いためという理由や、複数の債権者がいると返済の手間がかかるのでそれを省きたいなどの理由が挙げられます。

ただ、おまとめローンについてはもちろん融資の審査が入りますので必ず通るとは限りません。むしろおまとめの方が審査は厳しいこともあり、今までの債権者数があまりに多い、本人の収入や勤務先などの属性が悪いなどの理由で落ちることもあります。

そして、おまとめをしても必ず得になる場合ばかりではないことも知っておかなくてはなりません。例えば返済期間を延ばしてしまえばトータルで見たら多く払っていたということもあるのです。

・おまとめローンで完済することで「優良顧客」に?!

おまとめローンを利用することに成功しても決して借金自体の元本が減っているわけではないのですが、おまとめをしたという安心感から追加借入をしてしまう人がいます。

消費者金融などは、過去の返済実績がどの程度だったかということが借主の信用に大きく影響しますから、完済した人にはなるべく再利用してほしいというのが本音です。

ですから、おまとめをしたことにより、(どこから調達してきた資金かにかかわらず)「完済してくれた」ということで優良顧客として認定されてしまい、追加借入の勧誘を受けることもあります。

こういった時に「もう追加借入はしない!」という強い意志を持てれば良いのですが、悪い意味で借金慣れしてしまった人は「借りられますよ」と言われると断ることができないことがあるのです。

・追加融資を受けたい場合はおまとめで借りた会社に

借りたら返さなくてはならないという当たり前のことを忘れてしまい、追加借入できるなら利用しなければ損だ、というのは危険な思考回路です。これを根本的に正さない限り、借金生活からの脱却は難しいと考えてよいでしょう。

どうしても諸々の理由から追加借入が必要と思われる場合でも、完済した会社はもともと金利が高いなどの理由があったわけですからそこは選択肢から外すべきなのです。

借入せざるを得ない場合はおまとめローンを申し込んだ会社への申し込みを検討すべきですが、もちろんすぐに追加借入に応じてくれるわけではありません。

ただ、しばらく真面目に返済し、実績を作った段階であれば借入可能な状況になることもありますから、当面は返済に徹するつもりで節約などに励んで借りずにしのぎたいものです。


一覧へ戻る

任意整理

任意整理の流れについて

続きを読む!

任意整理

結婚すると借金はばれる?

続きを読む!

自己破産

自己破産の際に家賃や水道光熱費に滞納がある場合の注意点

続きを読む!

PAGE TOP ▲